Adobe Creative Cloudのライブラリ機能、めちゃんこ便利じゃあ…

2015.03.20 WEB/デザイン , , ,


Adobe Creative Cloud、お使いでしょうか。昨年搭載された機能ではありますが、「ライブラリ」はお使いでしょうか。
PhotoshopやIllustratorをアップデートした際に勝手に入っていましたので「なんやコレ」という感じでしばらく放置していたのですが、思い立って使ってみると超便利!ワァァ!

というわけでここはひとつ、しっかり使ってみるであります。

大塚商会のAdobe Creative Cloud

PhotoshopもIllustratorも、プロジェクトごとに「ライブラリ」を使ってみるよ

ライブラリとは。

個人ライブラリと共有ライブラリは、PhotoshopやIllustratorのほかアドビのモバイルアプリやサービスからも利用でき、カラー、ブラシ、画像、テキストスタイルなど、よく使用するアセットに簡単にアクセスできます。Creative Cloudとの同期機能により、クリエイティブチーム全員が、必要なときに必要なものを利用できます。

アドビのファイル&アプリでアセットを同期 | Creative Cloudライブラリ

Illustratorからデータを登録するよ

「ウィンドウ」>「ライブラリ」をクリックするとタブが開きます。右上のメニューから「新規ライブラリ」を選択して、名前を入力。
ここでは「sample」としました。

例えば新規でサイトのデザインを始めるときには、サイト名やドメインなどを指定すると良いかと思います。
もしくはアイコンの種類別など、お好きなようにフォルダ分けする感じでオッケーです。

adobe-cc-01

とりあえずロゴをライブラリに登録してみます。登録と言ってもドラッグ&ドロップするだけ。

そうしましたらば下記のように。これだけで「アセット」としてライブラリ内へ自動的に同期されます。
あとはアイコンやら何やら、Illustratorで準備した方が都合が良いものはここで登録しておきましょう。

adobe-cc-01-02

登録したアセットをPhotoshopで使ってみるよ

PhotoshopでもIllustratorと同じく「ライブラリ」のタブを開きましょう。
さっき登録したアセットがバッチリ表示されています。

ちなみにアセットの名前が日本語だと文字化けしてしまう場合もあるようです。先に分かりやすい名前を付けておくと良いですね。

adobe-cc-02

画像を見ての通り、ライブラリの中から任意のアセットをこれまたドラッグ&ドロップします。
これだけでPSD内にオブジェクトが配置できました。めちゃんこ便利じゃあ…

カラーやテキストスタイルも登録してデザインを統一するよ

ライブラリに登録できるアセットはロゴやアイコンに限りません。

デザインが進んでどんどんページが増えていくと、「フォントサイズ何だったっけな」とか「行間どのくらいだっけな」とか「ボタンの色何色だっけな」など自分で作ったのにすぐ思い出せないことが増えてきます。そんなこと無いっすか?
そのたびテキストを確認したり、カラーピッカーで色を拾って来たり…これは非常に効率が悪いですね。

adobe-cc-03

最初とほぼ同じ手順でカラーやテキストスタイルもアセットとして登録できます。

カラーピッカーで任意の色を拾うと、ライブラリタブの下部に色が表示されます。それをクリックするだけで登録完了。
テキストも同じく、選択すると「T」のアイコンがアクティブになりますのでクリックすればオッケーです。

便利じゃあ…

いかがでしょうか。さらには設定をすれば他のユーザーとも共有可能です。
トップページだけ作って、下層ページは他のデザイナーに渡す場合なんかも非常に親切だと思います。

非常に作業効率が上がりそうです。
それから納品が済んだあとの修正なんかの時は時間が経って忘れてしまっている部分も出てきますので、そんな時にも大活躍の予感です。

Creative Cloudユーザーで使っていない方は試してみる価値あり。ぜひぜひ。

地方都市の片隅に生息する音楽好きウェブデザイナーです。
2,3ヶ月に1度のペースで部屋を改造したい欲望に駆られる持病を持っています。趣味はビールを飲みながら料理をすること。