• ホーム
  • 生活
  • AppleTVとAirPlayで、古いコンポが息を吹き返すよ

AppleTVとAirPlayで、古いコンポが息を吹き返すよ

2015.06.12 生活 , 買ったもの , 音楽 , ,


更新頻度がどんどん落ちていっております、どうも私です。

以前「おんぼろコンポしかないけどレコード聴いたり無線で飛ばしたりしたいよ私」という記事を書きましたが、今さら感が溢れて止まらない中「AppleTV」を購入いたしました。

なんで今さらAppleTV買ったの?

apple-tv04

新型が出るとか出ないとかいうお話もありましたが、簡単に言うと

  • 私:無線で音楽が聴きたい、そしてYouTubeを大きな画面で見たい
  • 嫁:hulu加入してえ!hulu加入してえ!

以上2点が主な理由となっております。

huluに関してはまあ、DVDをレンタルする機会が減りますよね。
割と「ザ・名作」的な映画が結構ありましたよ。先日はショーシャンクを久々に見ました。

10年選手のおんぼろコンポがAirPlay対応(風)に

ここから本題。
我が家のPanasonic製コンポ、10年ほど使用しています。MDもカセットも聴けるスグレモノです。
こいつを使って、無線で音楽を聴きたい!ということであります。

用意するもの

お気づきかと思いますがAppleTVの音声出力はデジタル(Optical Out)のみです。そしてもちろん我が家のコンポにはそんな端子ないんですよ。
というわけで「DAコンバーター」なるものを購入しました。

要するにデジタル出力をアナログに変換してくれる機器ですね。

apple-tv02

Amazonにて購入。Opticalケーブルと、電源アダプタ付でした。だいたい3000円くらいで買えます。

apple-tv03

空けるとこんな感じ。
で、こいつとコンポのAUX端子を繋ぎます。よくある赤白のケーブルです。

引きこもりの週末に拍車がかかります

オーディオ周りはこれにて完了、あとはAppleTVとテレビをHDMIケーブルで繋ぎます。

apple-tv

で、最後の最後に気づいたんですがテレビとコンポから同時に音が出るんですね。
とは言え音楽だけ聴く場合はテレビの電源を切っていれば良いし、huluやYouTubeを使う時はテレビの音声をミュートしてやればオッケーです。

問題はただ1点、引きこもり生活に拍車がかかります。

まとめ

AirPlay対応のコンポを買えばいい話なのですが、出来る限り予算をかけず今あるもので構築したい!という想いからこのような回りくどい環境が出来上がりました。もしコンポが壊れてAirPlay対応のものに買い替えても別にAppleTVが無駄になるわけじゃなし、まあ良いのではなかろうかと思います。

レコードプレーヤーもコンポに繋がっていますが、それはそれで時間があるときにゆっくり音楽を聴く用。
そしてAppleTV経由での音楽は普段作業してたり料理してたりの時に。

よほど音にこだわりがなければこんな環境もオススメです!

地方都市の片隅に生息する音楽好きウェブデザイナーです。
2,3ヶ月に1度のペースで部屋を改造したい欲望に駆られる持病を持っています。趣味はビールを飲みながら料理をすること。