久々にレコードを購入、Todd Terje(トッドテリエ)”It’s Album Time”

2015.03.11 買ったもの , 音楽 , ,


2015年になったのが昨日のことのようですが気づけば3月です。
なんと3月になってやっと今年1枚目のレコードを購入しました。

Todd Terje – “It’s Album Time”

maxresdefault

珍しくダンス系というかハウス系というか、そんなようなやつです。
この辺りは全く詳しくないのですが、「北欧ディスコ」というワードとジャケット、そして”It’s Album Time”というタイトルに惹かれて購入。

最近の海外リリースの物はダウンロードコードも付いているので出来る限りアナログを購入しておりまして、今回も例に漏れず。
2枚組でした。

ちなみにトッド・テリエとはこのような人だそうです。

トッド・テリエ(Todd Terje)は、ノルウェーのDJ、ソングライター、音楽プロデューサーである。往年のディスコサウンドをアップデートしたその音楽性は、ニュー・ディスコ、スペース・ディスコといった風に称される。2000年代中盤からトッド・テリエ名義でリミックス楽曲や、リエディット楽曲を次々発表し名を馳せることとなった。

2012年、『ローリング・ストーン』誌発表の「世界に君臨する25人のDJ」で17位に選ばれた。

2013年、スコットランドのロックバンド、フランツ・フェルディナンドのアルバム『ライト・ソーツ、ライト・ワーズ、ライト・アクション』に収録された「Evil Eye」「Stand on the Horizon」の2曲に共同プロデューサーとして参加。

2014年、初のフルアルバム『It’s Album Time』をリリース。

ディスコとかハウス?というのか、クラブで流れているようなドンツクドンツクしたやつがあまり得意ではないのですが、このアルバムは肩の力が抜けているというか、ちょっとユーモラスな印象でした。

なんと某Tubeにオフィシャルでアルバム丸ごとあがってます。太っ腹か!

私全然その時代の人ではないのですが、ちょっと古めかしい、懐かしい感じがするサウンドです。

地方都市の片隅に生息する音楽好きウェブデザイナーです。
2,3ヶ月に1度のペースで部屋を改造したい欲望に駆られる持病を持っています。趣味はビールを飲みながら料理をすること。